スポーツ業界就活サイト スポジョブ SPOJOB 未来のスポーツビジネスを担う君たちへ。スポーツ業界の新卒求人、就活イベント情報は『スポジョブ』

TOP > キャリアプラン > 「心からやりたい」という気持ちが苦難を乗り越える原動力です!
教育系の大学に通っており、教員を目指して勉強していました。そんな中で、好きなことでアルバイトをしたいと思い、僕自身は高校まで野球をやっていたこともありスポーツに関わったアルバイトを探しました。そして、見つけたのが『ゴルフ5』でした。その頃はちょうど若手の人気ゴルファーも出始めたころで、ゴルフの盛り上がりと将来性を感じていたので、『ゴルフ5』でアルバイトをすることに決めました。
しかし、就職活動を始めたころは今の会社に入ろうと思っていたわけではなく、教員と一般企業への就職とを迷いながら始めました。そこで感じた周りの学生の『本気度』が僕を変えたと思っています。『本気度』を持って就活している学生を見て、「このままじゃいけない」、「本気でやりたいことを見つけよう」と考えるようになりました。そして、自分がやりたかったことと、アルペンの企業理念である「For the Customer」という考えが同じであることが大きな決め手となりました。
他にも同じような理念を持つ企業から数社内定を頂き、どの会社にするか悩んでいましたが、「自分のやりたいこと」をやっている姿を一番具体的にイメージできたのがアルペンだったので今の会社を選びました。

経歴・キャリアアップ

学生時代の志向

教育系の大学に通っており、教員を目指して勉強していました。そんな中で、好きなことでアルバイトをしたいと思い、僕自身は高校まで野球をやっていたこともありスポーツに関わったアルバイトを探しました。そして、見つけたのが『ゴルフ5』でした。その頃はちょうど若手の人気ゴルファーも出始めたころで、ゴルフの盛り上がりと将来性を感じていたので、『ゴルフ5』でアルバイトをすることに決めました。
しかし、就職活動を始めたころは今の会社に入ろうと思っていたわけではなく、教員と一般企業への就職とを迷いながら始めました。そこで感じた周りの学生の『本気度』が僕を変えたと思っています。『本気度』を持って就活している学生を見て、「このままじゃいけない」、「本気でやりたいことを見つけよう」と考えるようになりました。そして、自分がやりたかったことと、アルペンの企業理念である「For the Customer」という考えが同じであることが大きな決め手となりました。
他にも同じような理念を持つ企業から数社内定を頂き、どの会社にするか悩んでいましたが、「自分のやりたいこと」をやっている姿を一番具体的にイメージできたのがアルペンだったので今の会社を選びました。

会社1一般社員2.5年

『ゴルフ5』で学生時代にアルバイトをしていましたが、「アルバイト」と「正社員」では働き方が全然違うということを痛感しました。「アルバイト」の時は言われたことをやるというイメージが大きかったのですが、「正社員」になってからは「考えて動く」ということを意識しました。お客様は「何を求めているのか」、「なぜここにきているのか」など目の前のお客様に満足してもらうためには何が必要なのかを毎日考えていました。そのため、毎日が本当に新鮮で、新たな発見をすることができました。
そして、日々働いている中でやりがいを感じられる時も多くあります。転勤をすることが決まった際には、その店舗の最終出勤日に多くのお客様がお別れを言いに来てくれたことがありました。これは本当に嬉しかったですし、日々やってきた接客が間違いではなかったと実感できる経験でした。

会社2店長代務2年

「店長代務」というのはわかり易くいうと「副店長」ということです。「店長代務」に昇格したことで、非常に大きな責任を感じることができました。今までは目の前のお客様に「いかにして満足していただくか」ということを考えていたのですが、多くのお客様に喜んでいただくためには自分と同じような考えや接客をできる人材を育てていかなければいけないと考えるようになりました。他のスタッフを育てていくことは非常に難しいですが、自分なりに信念を持って他のスタッフと接していきました。その中でも、「失敗を責めるのではなく、次に繋げるためにはどうしたらいいのか」ということを常にアドバイスしていきました。

会社3店長、新店店長

「店長」になり最初に感じたことは自分が動かさないと何も動かないということでした。店舗の最高責任者になり、今までは最終的には店長に守ってもらっていたのだということを大きく感じました。さらに、店長の役職に就いて1年が経過した頃には新規オープンする店舗の店長に抜擢されました。その地域のお客様へ今後の店舗の印象を決定づける非常に重要な任務であり、会社としても重要戦略として位置づけられています。その地域でどのように基盤を作れるのか、エリアマネジャーをはじめ本社のあらゆる部署と「提案」や「報・連・相」を活用し、新規オープン成功に向けて準備をしました。
新店の立ち上げは土地調べから行います。周辺のゴルフ場、スポーツ施設の規模、大会・イベント、学校の部活動等を参考にし、どのような商品を揃えればお客様にお応えできるのか構成を組み立てていきます。もちろん競合店のリサーチも欠かせません。また売り場の陳列・演出方法により、お客様の購買意欲や動線はガラリと変わります。ほんの小さな事でも売上げが大きく左右されるので、一つ一つの商品棚と日々にらめっこしていました。

現在の職業について

ゴルフ5 ベルモール宇都宮店店長

 『ゴルフ5ベルモール宇都宮店』の店長をしています。店舗のマネジメントから接客・販売まで行っています。営業利益の増加とお客様満足度の向上に努め、お客様からも従業員からも愛される店舗をつくる事が店長の使命です。数値管理はもちろん、スケジュール管理や従業員の労務管理、指導育成、接客と業務は多岐にわたりますが、使命を果たすためには、少しの妥協も許されません。お客様の直接的なご意見はもちろん、潜在的なニーズを読み取って本社に伝えることも現場で働く者の重要な役目です。お客様や従業員と本社を繋ぐパイプ役になり、会社全体に一体感をもたらす事が店長の最大の仕事であると考えています。そして、自分の考えをどのように融合させ、店舗をひとつにまとめるかが店長の腕の見せ所です。

喜び、やりがい

従業員と一丸となり目標を達成できた時のお客様の笑顔、そして従業員の笑顔を見ることができた時、非常にやりがいを感じます。
 また、新しい店舗の店長に抜擢された時に経験した事のない仕事量で様々なトラブルもありましたが、迅速な対応で関係各所にご協力いただき、無事に新規オープンを迎えられ、多くのお客様へご来店頂いた時の達成感・感動は今までも鮮明に覚えています。そのときは、改めて仕事は一人でやっているものではなく、様々な人が「成功」に向けて準備をし、そしてその思いが詰まっているのだと感じました。それを店長がどう「カタチ」にしていくか、組織で行う重要性とその中での自分の存在意義を痛感しました。

今後の目標

仕事面での近い目標としては、ゴルフという専門性の高い分野での知識・技術(クラフトマン)を習得し経験を重ね、更に広い視野で店長を遂行したいと考えています。
店舗全体をマネジメントしていくためには、全ての仕事を理解していたいと考えており、経験したことが無いクラフトマンの立場や仕事を理解したいと思っています。
そして、遠い目標としては2つあります。1つは販売ノウハウを蓄積していき、販売戦略も考えていくこと。2つ目は現場教育のモデル店を創ることです。この2つを実践できるようになることにより地域で一番の店舗を創ることができると考えており、そのような店舗を創ることが大きな目標となっています。

[これからスポーツ業界を目指す学生にアドバイス]
「本当にやりたいこと」を探す事が就職活動でもっとも大切だと思います。

 人生の大きな分岐点である為、焦りや不安もあると思いますが、だからこそじっくりと考えたほうが良いと思います。私は「本当にやりたい事」を探す事が就職活動でもっとも大切だと感じました。学校は6年・3年・4年で卒業となりますが、会社は40年近く在籍する所です。何をするにも、嫌々するのと、楽しくやるのでは充実度が違います。仕事となればプロでなければいけません。「心からやりたい」という気持ちが、強ければ強いほど苦難を乗り越え、味わう達成感も大きくなると仕事を通じ感じました。自分がやりたい事を軸に考え、実現できる会社を選択していく事に、私はもっとも時間を費やしました。とことん悩み、相談し、考えぬいた期間が、就職活動でした。一人で考えるのも大切ですが、周りに相談するのも自分の考えが整理できるので、お勧めです。